スペイン語で「しょうがない」もうどうしようもない時、相手を安心させたい時に使えるフレーズ

【ゼロからの文法レッスン】を行っています

詳しくはこちらの動画⬅ から

¡Hola a todos!

My Spanish Schoolリチです🙋‍♂️

日本語の「しょうがない」というフレーズは色々な場面で使えるものですよね!

これ僕を含め多くの人が使っちゃうフレーズだと思いますが、スペイン語ではシチュエーションによって少し工夫する必要があるので、

今回はこれに近いフレーズだったり、特に使われるものを紹介していきます。

フレーズに共通点があったりするので工夫しながら簡単に覚えていきましょう!

動画でも簡単に紹介しているので是非チェックしてみてくださいね↓

目次

「No…」から始まるフレーズ

まず共通点として全て「No」から始まるフレーズを見ていきましょう!

No importa

この中でも一番日本語の「しょうがない」に近くて特に使い勝手がいいフレーズです。

No importa
ノ インポルタ
気にしないで/大丈夫だよ
スペイン語で-気にしないで

💡「importa」の箇所は英語で形容詞の「重要な」という意味の「important」に似てますよね。

意味は同じですが、スペイン語ではこれは動詞なので「重要である」になります。

そして「No」で否定する事によって直訳が「重要ではない」になります。

なので使い方のニュアンスは「気にしないで」や、なだめる感じで「大丈夫だよ」として使えるものになります。

「小さいことは気にしなくていいよ」の意味が込められているフレーズでだいぶポジティブですよね!

💡プラスで便利なのが、このフレーズは人に対してだけではなく、独り言というかリアクションで「気にしないでいいか」「まぁ大丈夫か」のようにも使えるフレーズです。

なのでこの色々な意味を全てひっくるめて「しょうがない」に一番近いフレーズになります。

便利なのでまず最初にこれを覚えてみてください!

No te preocupes

今度は直訳もニュアンスも同じで「心配しないで」になるフレーズです。

カジュアル
No te preocupes
ノ テ プレオクぺス
心配しないで
フォーマル
No se preocupe
ノ セ プレオクぺ
心配しないでください
スペイン語で-心配しないで

💡「心配しないで」と言っているので、これも「しょうがないよ、大丈夫だよ」「なんとかなるよ」と相手を落ち着かせようとするフレーズです。

これはカジュアルとフォーマルに分かれるので、フォーマルにするには「Te」「Se」になって、あとは最後の「s」を取るだけです。

今回この様に分かれるのはこれだけですが、ちょっと面倒ですよね😅

なのでシチュエーション的にカジュアルだけを覚えるのもアリだと思います。

🚩これはもちろん単体で「しょうがないよ」に近くてそう使えますが、先程のフレーズと組み合わせて使うと特に「しょうがない」に近づきます。

例えば:

No importa, no te preocupes

ノ インポルタ ノ テ プレオクぺス

しょうがないよ、心配しないで

という風になって、超絶ナチュラルなんです!

逆に外国の人が日本語で「しょうがないよ、心配しないで」と言っても自然ですよね。

なので長いですが組み合わせたバージョンを是非覚えてほしいです。

ちなみに「心配しないで」の記事で他のフレーズも紹介しているので、バリエーションを更に付けたい人はそちらもチェックしてみてください!

No se puede hacer nada

このフレーズは「もうどうにもできないよ」というニュアンスで「しょうがないよ」になるものです。

No se puede hacer nada
ノ セ プエデ アセル ナダ
出来ることは何もない
スペイン語で-出来ることは何もない

💡「Se puede hacer」「~をすることができる」という意味で、それを「No」で否定することによって「~をすることは出来ない」という意味になります。「Nada」「何も」なので、ほぼ直訳通り「出来ることは何もない」になるわけです。

💡最善を尽くしたけど、思った通りの結果にならなくて落ち込んでいる相手に「しょうがないよ」「あなたのせいじゃないよ」「どうすることもできないよ」のニュアンスで使います。

ここでクヨクヨするより次に行こう!🙌というネイティブならではのポジティブな考え方が伝わるフレーズです。

これは使えるシチュエーションが限られてきますが、いざという時に使えたらとても自然でネイティブっぽい表現です。

ネイティブっぽいフレーズ

今度は、他にも「No…」からは始まらないけど「しょうがない」と言えるものを見ていきます。

どれも実際便利でネイティブっぽく聞こえるものです。

というのも先程のは若干スタンダードな感じで無難なフレーズだったのですが、

ここは少しだけラフにもなります。

Ni modo

Ni modo
ニ モド
どうしようもない
スペイン語で-どうしようもない

短いですよね!

💡直訳から言うと「方法すらない」なんです。ちょっと変ですよね😅

というのも「Modo」の箇所が「方法」という意味で、「Ni」「すらない」と訳せて、

これで分かるのが、このフレーズは「しょうがない」=「どうしようもない」のニュアンスを持っているんです。

しかもあまりネガティブな表現でもなくて、もうすでに少し開き直っているフレーズです。

だから、ネイティブの感覚で訳すと「しょうがない」=「どうしようもない」の言い方が凄くしっくりくるんです。

Ya fue

今度は直訳でもニュアンスが分かるフレーズです。

Ya fue
ヤ フエ
もう過ぎたことだ
スペイン語で-もう過ぎたことだ

💡直訳は「もう過ぎた」なんですが、もう少し自然な訳を言うと「もう過ぎたことだ」になります。

ちなみに「Ya」「もうすでに」「もう」という意味で、「fue」は英語の「was」に当たって「・・だった」とも訳せますが、この場合は「過ぎた」に当たります。

💡そして大体どこでも通じますが、特に中南米でよく聞くものです。

なのでスペインのスペイン語のみ学びたい人はここだけは軽く知っておくぐらいでOKです。

💡更にこれはだいぶラフな表現なので先程のより開き直っている感じがあります。

なぜなら「もう過去のことは忘れよう」のニュアンスがあるからですね。

🚩一見使いにくそうですが、それを逆手にとって「心配しないで」も足すと:

Ya fue, no te preocupes

ヤ フエ ノ テ プレオクぺス

もう過ぎたことだから心配しないで!

こんな風に使えるフレーズですので、覚えて損はないです!

ただ結構ラフなので、使うシチュエーションには気を付けてくださいね。ちょっと無責任に聞こえてしまうかもしれないので😅

ちなみに先程の「ni modo」にも「心配しないで」は付け足せますし、以前複数の「心配しないで」の言い方も紹介してるので色々な組み合わせもできます。是非合わせて読んでみてください。

まとめ

今回はどれも「しょうがないよ」として使えるフレーズを紹介しました。

「No…」から始まるフレーズ:

No importa
ノ インポルタ
直訳:重要ではない
訳:気にしないで/大丈夫だよ
カジュアル
No te preocupes
ノ テ プレオクぺス
心配しないで
フォーマル
No se preocupe
ノ セ プレオクぺ
心配しないでください
No se puede hacer nada
ノ セ プエデ アセル ナダ
出来ることは何もない
・人に対してだけではなく、独り言というかリアクションで「気にしないでいいか」や「まぁ大丈夫か」のようにも使える

・使い方のニュアンスは「気にしないで」や、相手をなだめる感じで「大丈夫だよ」として使える単体で「しょうがないよ」としても使えますが、組み合わせて使うと特に「しょうがない」に近づく

🚩例:

No importa, no te preocupes

ノ インポルタ ノ テ プレオクぺス

しょうがないよ、心配しないで

ネイティブっぽいフレーズ:

Ni modo
ニ モド
直訳:方法すらない
訳:どうしようもない
Ya fue
ヤ フエ
直訳:もう過ぎた
訳:もう過ぎたことだ
・ネイティブっぽくて、ラフで、あまりネガティブな表現でもなくて、もうすでに少し開き直っている

・ 「Ni modo」は「しょうがない」=「どうしようもない」のニュアンスを持っている

・「Ya fue」は 「もう過去のことは忘れよう」 というニュアンスが強く、特に中南米でよく聞く

今回の表現は「心配しないで」を除いたほとんどが独り言でも使えるようなフレーズでしたので

まずは独り言スペイン語として練習してみてください!

どのフレーズを早速使ってみたいですか?是非コメント欄で教えてください!

ではまた!¡Hasta luego!

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です