スペイン語で「○○が痛い」~これだけ覚えれば伝わる!~

【ゼロからの文法レッスン】を行っています

詳しくはこちらの動画⬅ から

¡Hola a todos!

My Spanish Schoolリチです🙋‍♂️

「・・が痛い😫」と体のどこかの痛みを伝えたい時に使えるものを紹介します!

このフレーズのいい所は意外と難しくない所です。

なので今回のフレーズに伴って、体の部位も軽く紹介していきたいと思います!

動画でも簡単に説明しているので是非チェックしてみてください↓

「・・が痛い」になるフレーズ

まずはメインの「・・が痛い」になる表現です。

⚠この記事では全体的に自分が今痛いことを伝えるフレーズを紹介するので、基本的に一人称になっています。

【部位が単数】
Me duele…
メ ドゥエレ
(私の)・・が痛い
スペイン語で-痛い

💡これで「私の・・が痛い」自分の体のどこかが今痛いと感じていることを伝えるフレーズになります。

・・が!

実はもう1つあって:

【部位が複数】
Me duelenメ ドゥエレン
(私の)・・が痛い
スペイン語で-痛い-複

「いやでも何が違うの?🤔」って思いますよね。

実は痛い部位が1か所の時は上の「Me duele」でも痛い部分が複数の時「Me duelenになるんです。

💡ちなみに「痛くない」と否定したい場合は、初めにNoを付けて:

【部位が単数】
No me duele…
ノ メ ドゥエレ
(私の)・・は痛くない

または

【部位が複数】
No me duelenノ メ ドゥエレン
(私の)・・は痛くない

になります。

なのでイントロでも言いましたが、これに伴って重要になってくるのは体の部位で、どんな部位が単数でどれが複数になるのかも説明していきます。

単数になる体の部位

まず、必ず1つの扱いになるものだと:

La cabeza
ラ カベサ

もちろんですが、頭って一つしかないですよね。

当たり前と言えばそうですが、スペイン語ではそこも意識して変わったりもします。

🚩前のフレーズと組み合わせると例えば:

Me duele la cabeza

メ ドゥエレ ラ カベサ

頭が痛い

スペイン語で-頭が-痛い

と言うことができます!

次に:

La garganta
ラ ガルガンタ

🚩組み合わせると:

Me duele la garganta

メ ドゥエレ ラ ガルガンタ

スペイン語で-喉が-痛い

更に:

El estómago
エル エストマゴ
お腹/胃

🚩フレーズと組み合わせると:

Me duele el estómago

メ ドゥエレ エル エストマゴ

お腹が(胃が)痛い

スペイン語で-お腹が-痛い

最後に「全身」と言いたい場合:

Todo el cuerpo
トド エル クエルポ
全身

🚩フレーズと組み合わせると:

Me duele todo el cuerpo

メ ドゥエレ トド エル クエルポ

全身が痛い

スペイン語で-全身が-痛い

と言うと、全身痛いのが伝えられるわけです。

💡ちなみに単語の前に来るこの「la」とか「el」定冠詞というもので、いわゆる英語の「the」に当たりますが、この場合、体の部位が男性名詞ならEl女性名詞なら「La」になります。

この名詞の見分け方のルールもありますが、今回はとりあえずフレーズで覚えちゃいましょう!

その他

他にも単数になる体の部位をまとめるとこんな感じです↓

La cara
ラ カラ
La nariz
ラ ナリス
La boca
ラ ボカ
El cuello
エル クエジョ
El pecho
エル ペチョ
La espalda
ラ エスパルダ
背中
El corazón
エル コラソン
心/心臓

複数になる体の部位

💡今度は2か所以上あるものや、基本的に複数の扱いになる部位を紹介します。

例えば:

Los ojos
ロス オホス
両目

🚩フレーズと組み合わせると:

Me duelen los ojos

メ ドゥエレン ロス オホス

両目が痛い

スペイン語で-両目が-痛い

更に:

Los pies
ロス ピエス
両足

🚩組み合わせると:

Me duelen los pies

メ ドゥエレン ロス ピエス

両足が痛い

スペイン語で-両足が-痛い

他にも:

Las piernas
ラス ピエルナス
両脚

🚩これを組み合わせると:

Me duelen las piernas

メ ドゥエレン ラス ピエルナス

両脚が痛い

スペイン語で-両脚が-痛い

最後に:

Las manos
ラス マノス
両手

🚩フレーズと組み合わせると:

Me duelen las manos

メ ドゥエレン ラス マノス

両手が痛い

と言えます。

💡ここは複数形で「Me duelen「n」が付いた方を使います。

ですが、実際これらは全て単数で言うこともできて、

🚩例えば「Me duele el ojo」などと言うと、「片方の目が痛い」のニュアンスになる文が作れるんです。

右目なのか左目なのかも更に具体的に言ったりもできます。

というのも、このlos」「lasは先程のel」「la複数形で、部位によってはここも変わってきます。

💡ちなみに「Me duele」は一応単体でも「痛い」として使えますので、それも覚えておいてください!

その他

その他に日常会話で出てきそうな体の部位をまとめるとこうなります↓

Las orejas
ラス オレハス
両耳
Los labios
ロス ラビオス

(上唇の下唇があるので複数)
Las mejillas
ラス メヒージャス
両頬
Los brazos
ロス ブラソス
両腕
Los codos
ロス コドス
両肘
Las muñecas
ラス ムニェカス
両手首
Las rodillas
ラス ロディジャス
両ひざ
Los tobillos
ロス トビジョス
両足首

💡発音のポイントとして、この項目ではほとんどが「・・s(ス)」で終わっていますよね。

この「ス」の発音はハッキリではなく、日本語の「・・です。」「・・ます。」のように前歯から息が抜けていくような発音にするとよりネイティブっぽくなります!

是非このポイントも含めて練習してみてください。

【痛いレベル】を加えて伝える

今度はバリエーションを付けられるように、軽く「痛いレベル」を伝える表現を紹介します。

でここは次の副詞を付け足せばOKです↓

un poco
ウン ポコ
少し/ちょっと
痛いレベル
☆☆☆
mucho
ムーチョ
とても/凄く
痛いレベル
★☆☆
bastante
バスタンテ
結構/かなり
痛いレベル
★★☆
demasiado
デマスィアド
・・過ぎ
痛いレベル
★★★

💡これらの使い方としてはメインのフレーズの後に付け足す形で、

🚩例えば

Me duele mucho la cabeza

メ ドゥエレ ムーチョ ラ カベサ

頭が凄く痛い

スペイン語で-頭が-すごく-痛い

などと言えます。

💡もしくは「Me duele mucho」だけでも「凄く痛い」などの文もつくれるので便利です!

なので、この4つ是非覚えて、組み合わせてみてください!

相手に痛いか聞きたい時

最後に、相手の様子がおかしかったりして、「大丈夫?どこか痛いの?」などと聞けるフレーズを簡単に紹介します。

💡主に違いとしては「Me duele」「Me」の部分がTeに変わって

Te duele...
テ ドゥエレ
(あなたの)・・が痛い

この形で使うことになります。

この場合、基本的に単数の方の「Duele…」が使われます。

¿Te duele algo?
テ ドゥエレ アルゴ
何か痛い所あるの?
¿Qué te duele?
ケ テ ドゥエレ
何が痛いの?
¿Dónde te duele?
ドンデ テ ドゥエレ
どこが痛いの?
¿Te duele…?
テ ドゥエレ
シンプルに「痛い?」
/(+部位)が痛い?
¿Cuánto duele?
クアント ドゥエレ
どのくらい痛い?

💡更に使うのに慣れてきた方は、「大丈夫?」になるフレーズも付け足して更に気を遣うフレーズにすることもできますよ!

是非その記事も合わせて読んでみてください↓

まとめ

「・・が痛い」になるフレーズ:

Me duele…
メ ドゥエレ
【部位が単数】
(私の)・・が痛い
Me duelen…
メ ドゥエレン
【部位が複数】
(私の)・・が痛い
No me duele…
ノ メ ドゥエレ
【部位が単数】
(私の)・・は痛くない
No me duelen…
ノ メ ドゥエレン
【部位が複数】
(私の)・・は痛くない
・一か所しかない部位は単数で「Me duele」、2か所以上あるものや基本的に複数の扱いになる部位は「Me duelen」を使う

・ちなみにどちらも単体で「痛い」として使える 

単数になる体の部位:

単語の前に来るのは定冠詞というもので、英語の「the」に当たり、体の部位が男性名詞なら「El」、女性名詞なら「La」になる
La cabeza
ラ カベサ
La garganta
ラ ガルガンタ
El estómago
エル エストマゴ
お腹/胃
Todo el cuerpo
トド エル クエルポ
全身
La cara
ラ カラ
La nariz
ラ ナリス
La boca
ラ ボカ
El cuello
エル クエジョ
El pecho
エル ペチョ
La espalda
ラ エスパルダ
背中
El corazón
エル コラソン
心/心臓
フレーズと組み合わせる時は部位がフレーズの後に付く

🚩例:

Me duele la cabeza

メ ドゥエレ ラ カベサ

頭が痛い

複数になる体の部位:

・ここは複数形で「Me duelen」と「n」が付いた方が使われるが、実際これらは全て単数で言うこともできて、例えば「Me duele el ojo」などと言うと、「片方の眼が痛い」のニュアンスになる文を作ることもできる

・「los」「las」は先程の「el」「la」の複数形で、部位によってはここも変わってくる
Los ojos
ロス オホス
両目
Los pies
ロス ピエス
両足
Las piernas
ラス ピエルナス
両脚
Las manos
ラス マノス
両手
Las orejas
ラス オレハス
両耳
Los labios
ロス ラビオス

(上唇の下唇があるので複数)
Las mejillas
ラス メヒージャス
両頬
Los brazos
ロス ブラソス
両腕
Los codos
ロス コドス
両肘
Las muñecas
ラス ムニェカス
両手首
Las rodillas
ラス ロディジャス
両ひざ
Los tobillos
ロス トビジョス
両足首

🚩例:

Me duelen las manos

メ ドゥエレン ラス マノス

両手が痛い

発音のポイントとして、最後の「S - ス」の発音はハッキリではなく日本語の「・・です。」「・・ます。」のように前歯から息が抜けていくような発音にするとよりネイティブっぽくなる

【痛いレベル】を加えて伝える:

これらの使い方としては、副詞をメインのフレーズの後に付け足す形で、単体で「Me duele mucho」などでも使える
un poco
ウン ポコ
少し/ちょっと
痛いレベル
☆☆☆
mucho
ムーチョ
とても/凄く
痛いレベル
★☆☆
bastante
バスタンテ
結構/かなり
痛いレベル
★★☆
demasiado
デマスィアド
・・過ぎ
痛いレベル
★★★

🚩例:

Me duele mucho la cabeza

メ ドゥエレ ムーチョ ラ カベサ

頭が凄く痛い

相手にいたいか聞きたい時:

・主に違いとしては「Me duele」の「Me」の部分が「Te」に変わって、基本的に単数の方の「Duele...」が使われる

・「大丈夫?」になるフレーズなどと組み合わせても良い
¿Te duele algo?
テ ドゥエレ アルゴ
何か痛い所あるの?
¿Qué te duele?
ケ テ ドゥエレ
何が痛いの?
¿Dónde te duele?
ドンデ テ ドゥエレ
どこが痛いの?
¿Te duele…?
テ ドゥエレ
シンプルに「痛い?」
/(+部位)が痛い?
¿Cuánto duele?
クアント ドゥエレ
どのくらい痛い?

今回は「Me duele」だけでも指を指しながら伝えることができるので、本当にこれだけ覚えても伝わるので便利なフレーズです!

練習して色々組み合わせてバリエーションも付けてみてください。

そしてコメント欄で自分なら今どんなフレーズを使うか教えてください!

ではまた!¡Hasta luego!

2 Comments

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。