スペイン語で「~しなければいけない」など義務を表すフレーズ

【ゼロからの文法レッスン】を行っています

詳しくはこちらの動画⬅ から

¡Hola a todos!

My Spanish Schoolのリチです🙋‍♂️

「~しなければいけない」になるフレーズは結構使う場面が多くて、学生でも大人でも毎日やらなければいけないことって色々ありますよね!

なので今回は義務を表す表現を簡単に、そして可能な限り分かりやすいよう、伝えたいことがどれくらいの義務であるのかレベル別に分けて紹介していきたいと思います。

動画でも簡単に説明しているので是非チェックしてみてください↓

レベル別:義務の表現

メインとなる義務の表現から紹介していきます!

変な名前ですが「義務レベル」というネーミングで分けていきます😅

Necesitar + 不定詞【義務レベル ★☆☆】

⚠はじめに1つ注意ですが、基本的に紹介するフレーズは、1人称になっていて、要は「(私が)…する必要がある」という意味になるものを紹介します。

その他は表で簡単にまとめます。

【義務レベル ★☆☆】 ということで、そこまで緊急ではないけど「~しなきゃ」のニュアンスになるフレーズです

Necesito...
ネセスィト
(私が)・・する必要がある
スペイン語で-する必要がある

💡まず1つ目のフレーズの訳は「(私が)…する必要がある」になります。

そしてこの続きには何を足すかというと、例えば「勉強する」などの主に動詞を付け足して使います。

どう付け足してフレーズを完成させるかは次の項目で簡単に紹介します。

💡その他の活用でこのフレーズを使いたい時は次の表を参考にしてみてください↓

単数形

Necesito…
ネセスィト
私が ・・する必要がある
Necesitas…
ネセスィタス
君が ・・する必要がある
Necesita…
ネセスィタ
彼/彼女/あなたが ・・する必要がある

複数形

Necesitamos…
ネセスィタモス
私達が ・・する必要がある
Necesitáis…
ネセスィタイス
君達が ・・する必要がある
Necesitan…
ネセスィタン
彼ら/彼女ら/あなた方が ・・する必要がある

Tener que + 不定詞【義務レベル ★★☆】

このフレーズは 【義務レベル ★★☆】になるもので、一番スタンダードなフレーズと言えます。

一人称だと例えば:

Tengo que…
テンゴ ケ
(私が)・・しなければいけない
スペイン語で-しなければいけない

💡訳は「(私が)・・しなければいけない」になります。

これが一番よく使われるもので、ラフでも改まった時でも使えるものです。

なのでどうしても1つだけ覚えたいならこれだけでも十分です。

ちなみにこれは英語の「have to」に相当すると考えられます。

💡その他の活用で使いたいならコチラ↓

単数形

Tengo que…
テンゴ ケ
私が ・・しなければいけない
Tienes que…
ティエネス ケ
君が ・・しなければいけない
Tiene que…
ティエネ ケ
彼/彼女/あなたが ・・しなければいけない

複数形

Tenemos que…
テネモス ケ
私達が ・・しなければいけない
Tenéis que…
テネイス ケ
君達が ・・しなければいけない
Tienen que…
ティエネン ケ
彼ら/彼女ら/あなた方が ・・しなければいけない

Deber + 不定詞【義務レベル ★★★】

【義務レベル ★★★】 になるものでマックスですよね。

Debo…
デボ
(私が)・・するべきである
スペイン語で-するべきである

💡ここは訳が「…するべきである」もしくは「…する義務がある」とも訳せるもので、これは実際、前の「Tengo que…」に近いのですが、こっちの方が少しだけ改まった感じもあって訳の通り「するべき」だと伝えられるわけです。

ちなみにこのフレーズの場合、英語の「must」に相当します。

💡その他の活用です↓

単数形

Debo…
デボ
私が ・・するべきである
/ ・・する義務がある
Debes
デベス
君が・・するべきである
/ ・・する義務がある
Debe…
デべ
彼/彼女/あなたが ・・するべきである
/・・する義務がある

複数形

Debemos…
デべモス
私達が・・するべきである
/ ・・する義務がある
Debéis
デベイス
君達が ・・するべきである
/ ・・する義務がある
Deben…
デベン
彼ら/彼女ら/あなた方が ・・するべきである
/ ・・する義務がある

Hay que + 不定詞【特殊】

最後に特殊だけどネイティブがよく使うものを紹介します。

Hay que...
アイ ケ
・・する義務がある/・・しよう
スペイン語で-しよう

💡このフレーズが特殊な一つ目の理由は、二つの使い方(意味)があるからです。

🚩まず一つ目の使い方が「(決まっていることで・ルール上で・一般常識で)・・する義務がある/・・するべきである」というニュアンスで使う時で、様々な参考書やサイトでは事実・一般常識を話す場合で「~しなければいけない」と訳されていて、間違えてはいなのですが、

🚩普段の会話の場合はネイティブの感覚では「・・しよう」と投げかけている表現なので、どちらかというと誘いの表現として使われることが多いんですね。これが2つ目の使い方になります。

なのでこのフレーズは 義務の表現-兼-誘いの表現として使われると覚えてほしいです!

💡そしてこの「Hay que…」は特殊なので色々な活用で変わりません

でも感覚としては、自分に対しての独り言ではあまり言わないので、ほぼいつも自分以外の人に言う時に使われます。

動詞を付け足す

今度は動詞を付け足して使えそうな例文を作っていきましょう!

ここでは先ほど紹介したフレーズに動詞の原形を付け足すだけです。

特に使えそうで基礎で習うものだと例えば:

Estudiar
エストゥディアル
勉強する
Comer
コメール
食べる
Dormir
ドルミール
寝る

これらは、スペイン語の【動詞の原形】もしくは【不定詞】とも言いますが、「..ar」「..er」「..irで終わるという共通点があります。

さっそく組み合わせてみると:

🚩例1:

Necesito estudiar

ネセスィト エストゥディアル

(私は)勉強する必要がある

スペイン語-私は-勉強する-必要がある

🚩例2:

Tengo que comer

テンゴ ケ コメール

(私は)食べなければいけない

 スペイン語-私は-食べなければいけない

🚩例3:

Debo dormir

デボ ドルミール

(私は)寝るべきだ

スペイン語-私は-寝る-べきだ

🚩例4:

Hay que estudiar

アイ ケ エストゥディアル

勉強するべきである/勉強しよう!

スペイン語-勉強-しよう

こうする事で、どれも実践的に使えるものになりました。

更に他の活用で軽く他の例も紹介すると:

🚩例5:

Necesitas dormir

ネセスィタイス ドルミール

(君は)寝る必要がある

スペイン語-君は-寝る-必要がある

🚩例6:

Tenemos que estudiar

テネモス ケ エストゥディアル

(私達は)勉強しなければいけない

スペイン語-私は-勉強-しなければいけない

🚩例7:

Debe comer

デベ コメール

(彼/彼女は)食べるべきだ

スペイン語-彼女は-食べるべきだ

3つだけ動詞を紹介しましたが、色々なシチュエーションで使えそうですよね!

是非、これまで覚えてきた動詞を付け足して練習してみてください。

まとめ

レベル別義務の表現:

【義務レベル★☆☆】

Necesitar + 不定詞

「‥する必要がある」

単数形

Necesito…
ネセスィト
私が ・・する必要がある
Necesitas…
ネセスィタス
君が ・・する必要がある
Necesita…
ネセスィタ
彼/彼女/あなたが ・・する必要がある

複数形

Necesitamos…
ネセスィタモス
私達が ・・する必要がある
Necesitáis…
ネセスィタイス
君達が ・・する必要がある
Necesitan…
ネセスィタン
彼ら/彼女ら/あなた方が ・・する必要がある
【義務レベル★★☆

Tener que + 不定詞

「‥しなければいけない」
⇒英語の「Have to」に相当

単数形

Tengo que…
テンゴ ケ
私が ・・しなければいけない
Tienes que…
ティエネス ケ
君が ・・しなければいけない
Tiene que…
ティエネ ケ
彼/彼女/あなたが ・・しなければいけない

複数形

Tenemos que…
テネモス ケ
私達が ・・しなければいけない
Tenéis que…
テネイス ケ
君達が ・・しなければいけない
Tienen que…
ティエネン ケ
彼ら/彼女ら/あなた方が ・・しなければいけない
【義務レベル★★★

Deber + 不定詞

「‥するべきである」
⇒英語の「must」に相当

単数形

Debo…
デボ
私が ・・するべきである
/ ・・する義務がある
Debes
デベス
君が・・するべきである
/ ・・する義務がある
Debe…
デべ
彼/彼女/あなたが ・・するべきである
/・・する義務がある

複数形

Debemos…
デべモス
私達が・・するべきである
/ ・・する義務がある
Debéis
デベイス
君達が ・・するべきである
/ ・・する義務がある
Deben…
デベン
彼ら/彼女ら/あなた方が ・・するべきである
/ ・・する義務がある
【特殊】

Hay que + 不定詞

「‥するべきである/・・しよう」
⇒ネイティブは義務の表現-兼-誘いの表現として使い、ほぼいつも自分以外の人に言う時に使われる。

動詞を付け足す:

動詞を付け足すには、スペイン語の【動詞の原形】もしくは【不定詞】とも言われる「..ar」「..er」「..ir」で終わるものを使う
Necesito estudiar
ネセスィト エストゥディアル
(私は)勉強する必要がある
Tengo que comer
テンゴ ケ コメール
(私は)食べなければいけない
Debo dormir
デボ ドルミール
(私は)寝るべきだ
Hay que estudiar
アイ ケ エストゥディアル
勉強するべきである/勉強しよう!

他他の活用では:

Necesitas dormir
ネセスィタス ドルミール
(君は)寝る必要がある
Tenemos que estudiar
テネモス ケ エストゥディアル
(私達は)勉強しなければいけない
Debe comer
デベ コメール
(彼/彼女は)食べるべきだ

今回メインで3つ(特殊なので4つ)紹介しましたが、1つだけ覚えたい場合は「Tengo que…」がオススメで、ネイティブもよく使うものなので、まずはそれからだけでもいいので覚えてみてください!

自分だったらどんな風にこのフレーズを使いますか?是非コメント欄で教えてください!

ではまた!¡Hasta luego!

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。