【買い物】「試着したいです」とスペイン語で伝えたい時

【ゼロからの文法レッスン】を行っています

詳しくはこちらの動画⬅ から

¡Hola a todos!

皆さん、今回はスペイン語の【買い物】で使えるリアルな表現、その中でも:

店員さんに「試着したい」と伝えたい時

のネイティブが使う表現を会話例で学んでいきます!

今回もスペイン語圏に飛んで使いたくなってしまうような表現ばっかりです。

Youtubeの動画でも会話を簡単に実演しているので是非チェックを↓

※今回は会話例が【カジュアル(主にスペイン)】【フォーマル(主に中南米)】に分かれます。
あくまで傾向ですが、スペインでは店員さんとでもカジュアルに、しかし中南米ではフォーマルに話すことが多いです。違いは下線で示していきます。

店員さんに「試着したい」と伝えたい時

カジュアル (主にスペイン)

【ピックアップフレーズ】

  • Quiero probarme esto
    キエロ プロバルメ エスト
    これを試着したいです
  • ¿Dónde puedo (probarlo)?
    ドンデ プエド (プロバルロ)
    どこで(試着)できますか?
  • Ven por aquí
    ベン ポル アキー
    こちらへどうぞ

【会話文】

自分
Disculpa, quiero probarme esto.
ディスクルパ キエロ プロバルメ エスト
すみません、これを試着したいです。

¿Dónde puedo (probarlo)?
ドンデ プエド (プロバルロ)
どこで(試着)できますか?
スぺイン語-会話-店員-1
店員
Tenemos un probador.
テネモス ウン プロバドール
1つ試着室があります。

Ven por aquí.
ベン ポル アキー
こちらへどうぞ。



~移動中~


スぺイン語-会話-店員-2
店員
Aquí puedes probártelo.
アキー プエデス プロバルテロ
こちらで試着できます。

スぺイン語-会話-自分-2
自分
Gracias.
グラスィアス
ありがとうございます。

スぺイン語-会話-店員-3
店員
Si necesitas algo avísame.
スィ ネセスィタス アルゴ アビーサメ
何か必要であれば知らせて下さい。

スぺイン語-会話-自分-3
自分
Muchas gracias.
ムーチャス グラスィアス
どうもありがとうございます。

フォーマル (主に中南米)

【ピックアップフレーズ】

  • Quisiera probarme esto
    キスィエラ プロバルメ エスト
    これを試着したいです
  • ¿Dónde puedo (probarlo)?
    ドンデ プエド (プロバルロ)
    どこで(試着)できますか?
  • Venga por aquí
    ベンガ ポル アキー
    こちらへどうぞ

【会話文】

スぺイン語-会話-自分-1
自分
Disculpe, quisiera probarme esto.
ディスクルぺ キスィエラ プロバルメ エスト
すみません、これを試着したいです。

¿Dónde puedo (probarlo)?
ドンデ プエド (プロバルロ)
どこで(試着)できますか?
スぺイン語-会話-店員-1
店員
Tenemos un probador.
テネモス ウン プロバドール
1つ試着室があります。

Venga por aquí.
ベンガ ポル アキー
こちらへどうぞ。



~移動中~


スぺイン語-会話-店員-2
店員
Aquí puede probárselo.
アキー プエデ プロバルセロ
こちらで試着できます。

スぺイン語-会話-自分-2
自分
Gracias.
グラスィアス
ありがとうございます。

スぺイン語-会話-店員-3
店員
Si necesita algo avíseme.
スィ ネセスィタ アルゴ アビーセメ
何か必要であれば知らせて下さい。

スぺイン語-会話-自分-3
自分
Muchas gracias.
ムーチャス グラスィアス
どうもありがとうございます。

フォーマル文補足I:「Probárselo」

スぺイン語-会話-店員-2
店員
Aquí puede probárselo.
アキー プエデ プロバルセロ
こちらで試着できます。

紫色になっているprobárseloちょっと発音しにくいですよね😅

実はこの言い方が主流なのは中南米全体ではなく、特にメキシコではこのような形で「(あなたが)(それを)試着する」と言う意味になる [再帰動詞+目的格(lo)] を多く使う傾向があります。

「probárselo」が言いにくい場合、「(あなたが)試着する」だけの意味になる「probarse」でもOKですし、正しい言い方でもあります。

先程の会話文に当てはめてみると:

スぺイン語-会話-店員-2
店員
Aquí puede probarse.
アキー プエデ プロバルセ
こちらで試着できます。

フォーマル文補足II:「Si necesita algo avíseme」

スぺイン語-会話-店員-3
店員
Si necesita algo avíseme.
スィ ネセスィタ アルゴ アビーセメ
何か必要であれば知らせて下さい。

この最後から2番目のフレーズ は他にも色々バリエーションがあって、特に聞きそうなものがこれらです:

【丁寧バージョン】

スぺイン語-会話-店員-3
店員
Si requiere algo más, avíseme por favor
スィ レキエレ アルゴ マス アビーセメ ポル ファボール
他に何か必要な場合はお知らせ下さい。

【更に丁寧バージョン】 (メキシコなどで特に多い)

スぺイン語-会話-店員-3
店員
Si necesita algo más, estoy para servirle
スィ ネセスィタ アルゴ マス エストイ パラ セルビルレ
他に何か必要であればお客様のためにここにいますので。

変化する単語まとめ

簡単にカジュアルとフォーマルで変化する単語をまとめるとこんな感じになります↓

【カジュアル – スペイン】【フォーマル – 中南米】
disculpa
ディスクルパ
「ちょっといい?」
のニュアンスの「すみません」
disculpe
ディスクルペ
すみません
quiero
キエロ
~したい
quisiera
キスィエラ
~したいのですが
ven
ベン
(こっちに)来て
venga
ベンガ
(こちらへ)どうぞ
puedes
プエデス
(あなたが)~できる
puede
プエデ
(あなたが)~できます
probártelo
プロバルセロ
(君が)試着する
probárselo
プロバルセロ
(あなたが)試着する
necesitas
ネセスィタス
(君が)必要とする
necesita
ネセスィタ
(あなたが)必要とする
avísame
アビーサメ
(私に)知らせて
avíseme
アビーセメ
(私に)知らせてください

※会話文ではどちらの日本語訳も敬語ですが、違いが分かるように日本語訳もカジュアルとフォーマルに分けています※

①共通補足I:「試着室はどこですか?」と聞きたい時

では、直接試着室の場所を聞きたい場合はどうなるでしょうか?

そんな時は:

¿Dónde está el probador?
ドンデ エスタ エル プロバドール
試着室はどこですか?

先程の会話文に当てはめてみると:

【カジュアル (主にスペイン)】

スぺイン語-会話-自分-1
自分
Disculpa, quiero probarme esto.
ディスクルパ キエロ プロバルメ エスト
すみません、これを試着したいです。

¿Dónde está el probador?
ドンデ エスタ エル プロバドール
試着室はどこですか?
スぺイン語-会話-店員-1
店員
El probador está en frente
エル プロバドール エスタ エン フレンテ
試着室は向かいにあります。

Ven por aquí.
ベン ポル アキー
こちらへどうぞ。

【フォーマル (主に中南米】

スぺイン語-会話-自分-1
自分
Disculpe, quisiera probarme esto.
ディスクルぺ キスィエラ プロバルメ エスト
すみません、これを試着したいです。

¿Dónde está el probador?
ドンデ エスタ エル プロバドール
試着室はどこですか?
スぺイン語-会話-店員-1
店員
El probador está al frente
エル プロバドール エスタ アル フレンテ
試着室は向かいにあります。

Venga por aquí.
ベンガ ポル アキー
こちらへどうぞ。

💡ここでは先程の会話文と変化した場所はほぼ同じで、「¿Dónde está el probador?」はどちらの場合も同じです。

唯一変わるのが「向かいに」に当たる、位置を指す単語の言い方に違いがあることです↓

【スペイン】 【 中南米】
en frente
エン フレンテ
向かいに
al frente
アル フレンテ
向かいに

※この違いはカジュアルかフォーマルかの違いではなく、スペインと中南米の地域別の言い方の違いになります※

①共通補足II:服ではない商品を試したい時

「試す」という動詞の「Probar」の細かい変化の解説です。

💡ここまでの会話文では自分が身に着けられるもの(服、靴、アクセサリーなど)が試せる(試着)出来るか聞いています。

スペイン語-試着

そんな時は:

Probarme
プロバルメ
(私が)試着する
Probarte
プロバルテ
(君が)試着する
Probarse
プロバルセ
(あなたが)試着する

このように「me」「te」「se」のいずれかを付け足して使います。これが [再帰動詞] というものです。

💡それ以外の物や商品(電子機器など)が試せるか聞きたい場合は:「Probar」だけか、「Para probar」を使います。

スペイン語-試す

先程の会話文に当てはめてみると:

【カジュアル – スペイン】

自分
Disculpa, quiero probar esto.
ディスクルパ キエロ プロバール エスト
すみません、これを試したいです。

¿Dónde puedo (probarlo)?
ドンデ プエド (プロバルロ)
どこで(試すことが)できますか?

【フォーマル – 中南米】

スぺイン語-会話-自分-1
自分
Disculpe, quisiera  para probar esto.
ディスクルぺ キスィエラ パラ プロバール エスト
すみません、これを試したいです。

¿Dónde puedo (probarlo)?
ドンデ プエド (プロバルロ)
どこで(試すことが)できますか?

今回は例として一つずつ付け足しましたが、「Probar」「Para probar」もカジュアル、フォーマルは関係なく付け足すことができます。

①共通補足III:試着NGの時

もし「試着はできません」と言われる場合は主にこうなります↓

【カジュアル – スペイン】 【フォーマル – 中南米】
[服など試着するもの]
No te lo puedes probar
ノ テ ロ プエデス プロバール
試着は出来ない
[服など試着するもの]
No se lo puede probar
ノ セ ロ プエデ プロバール
試着は出来ません
[身に着けない商品]
No se puede probar
ノ セ プエデ プロバール
試すことは出来ない
(モノを指すので右と同じ)
[身に着けない商品]
No se puede probar
ノ セ プエデ プロバール
試すことは出来ません
(モノを指すので左と同じ)

もしくは:

スぺイン語-会話-店員-4
店員
No tenemos probador
ノ テネモス プロバドール
試着室(商品を試すブース)はありません

などと言われるので、残念ですがそんな時も対応できるように是非覚えてみてください!

①共通補足IV:発音が難しい時

会話文の「probarlo」の部分が( )に入っていることに気付いたかと思います。

自分
Disculpa, quiero probarme esto.
ディスクルパ キエロ プロバルメ エスト
すみません、これを試着したいです。

¿Dónde puedo (probarlo)?
ドンデ プエド (プロバルロ)
どこで(試着)できますか?

これは言いにくければ省いてもOKということで、実際初めに試着したいと伝えているので二度言わなくても大丈夫なんです!

「RとLの発音がまだ難しい😫」「あまり長いと呪文みたいで覚えきれない😵」という方は省いちゃってください!


最後に

主にスペインではラフに話すことが多いので傾向としてはカジュアルな形で、中南米フォーマルな形を使う事が多いんですが、100%スペインではカジュアルでラフに、中南米ではフォーマルに…となるわけではなく、こうなる傾向があると思ってください!


今回はスペイン語圏で買い物をする時に使えるリアルな会話例を紹介して解説しました。

細かい違いなどを全て覚えるのは大変だと思うので、自分が使いたい方を中心に練習してみてください!

もし今すぐどこでもドアで好きなスペイン語圏のどこかに買い物に行くならどこに行きたいですか?そして何を買いたいですか?

是非コメント欄で教えてください!

ではまた!¡Hasta luego!


💡豆知識💡

スペイン中南米のカジュアルとフォーマルな話し方の違いには歴史的な理由があるんです。
元々中南米の人々の母国語はスペイン語ではなく、1490年代に始まったスペイン征服、植民地化で、先住民は奴隷としてスペイン語を覚えました。

結果、仕えていた主人に対してフォーマルなスペイン語を使うことが当たり前になり、その名残で現在も改まったフォーマルな話し方をする傾向があると言われています。

実際、どちらの話し方も失礼にはなりませんが、例えば中南米の人がスペインでフォーマルな話し方をすると「あっ!中南米の方の訛りだな」と気付かれることも多々あります。


コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。